混ざってないと読みにくい!なぜ日本語は漢字やひらがなが必要なのか?その理由に海外興味津々(海外反応)

混ざってないと読みにくい!なぜ日本語は漢字やひらがなが必要なのか?その理由に海外興味津々(海外反応)

bunsyou6668700165498764644454654465.jpg

投稿者
なぜ日本語は3種類もの文字が必要?

日本語で「東京」と書くと、東京、とうきょう、トウキョウ
漢字、ひらがな、カタカナを使って読んだり書くことができる
日本語を勉強している者にとっては脅威の3種類の文字であるが、これには論理的な理由がある

まず漢字 中国が起源のこの複雑な文字は概念を表す
ひらがなは形も漢字より簡単だし、音を書き取ることに使われる
英語のアルファベットのように意味はなく、音を表す
日本語は漢字でもひらがなでも書くことができる
漢字で書く「車」は3つの音からなっていて「くるま」とも書ける
ではなぜ文章には漢字とひらがなが混じっているのか?
ひらがなは不変化詞であり修飾語句である
動詞を書くとき、概念を表す漢字にひらがなを足すことでもっと意味を付け加えることができる
たとえば「見る」という動詞は現在形
「見」に「た」をつけると「見た」という過去形になる

では、漢字はひらがなに書き換えられるのであれば、ひらがなだけでいいではないか?
26しかないアルファベットと異なり、ひらがなだけでも46もある
しかし2,000個の漢字よりは学びやすいかもしれない
ひらがなだけ使えばいいじゃないかという意見に対して3つ論点をあげられる
漢字はひらがなより先に発達しており、漢字を使うことは教養があり大人であること証明する
「くるま」と書くより「車」と書くほうが子供っぽく見えない

みんながひらがなで書くことを子供っぽいと思わなくなり、当たり前となった場合、それはチョコレート牛乳が会社の会議でチョコレート牛乳が当たり前に出される社会になるのと同じことだ
日本語は音が限られている
Lの音がないことは良く知られているが、子音が重なることはないし、すべての音節は母音か「ん」で終わる
つまり日本語には違った意味を持つ同じ発音の言葉がたくさんあるということ
それに漢字なしでは言いたい事を伝えにくい
「こうたい」とひらがなで書いた場合、「交代」という意味もあれば「抗体」「後退」という意味もあるので、きちんと漢字で書かないと通じない

日本語は単語の間にスペースをいれない
例えば「私は車を見た」という文を見たときすぐに、漢字、ひらがな、漢字、ひらがな、漢字、ひらがなの並びに気づく
1.「私」と「は」主語
2.「車」と「を」目的語
3.「見」と「た」過去形の動詞

漢字とひらがながないと、どこで切っていいのかわからなくなる
「わたしはくるまをみた」とひらがなのみで書いてあると、どの単語がどこで始まるのかがわかりにくい
tryngtoreadEnglishsentenceswrittenlikethis.英語でこのように書いてあったら、わかりにくい
ひらがなと漢字を混ぜて書くのは理解してもらうために大事なことなのだ