海外「日本のエジソンだ!」日本の発明王『ドクター中松』の数々の発明に海外興味津々(海外反応)

海外「日本のエジソンだ!」日本の発明王『ドクター中松』の数々の発明に海外興味津々(海外反応)

投稿者
誰でも、あ!とひらめいた経験はあるだろう 今回はそのひらめきを3500以上も発明に変えたヨシロウ・ナカマツ博士を紹介しよう 比類なき発明者だ



彼はナカマツという名前の表記の、最後のUを書かない まあ発音は変わらないんだが、彼はどうしてもそう書けというんだ 彼は「日本のエジソン」と呼ばれたがっていた 実はエジソンが取った特許は1093点 ナカマツはそれ以上だと豪語している 彼は個性同様、カラフルな格好をするひとだ 東京ほどの人ごみのなかでも、彼の姿はすぐ目に入る オーダーメイドのスーツなのだが、それがチェックだったり、ピンストライプだったり、ゼブラ柄だったり、総ベルベットやラインストーンだらけだったりするからだ グレーや黒のシックなスーツのときは、カラフルな蝶ネクタイをつけていたりする

そう、ナカマツは少々エキセントリックな人物だ そんな博士の脳からどんな発明が飛び出すかって? すごいものばかりなんだ かなり変わってる 例えば、ぴょんぴょんブーツ スキー用のブーツに、スプリングがついた代物 これで街を飛び回るというんだが、正直面白そうだ! 90年代の子どもなら、例のムーンシューズを思い出しただろ

彼には身を守るためのカツラもあった なんとニンジャの武器つき 困った状況になったらカツラを脱いで敵に投げつければいい!

しかも、カラオケを発明したのはナカマツなのだ ほかにもデジタルウォッチやCD、DVDもそうだ ほかにも山ほどある なかでも一番の大発明はフロッピーディスクだろう(知らない人はお父さんに聞いて)ググると発明者はIBMってことになってるが、ナカマツはIBMよりも先、1950年代に自分が開発したと言っている もちろんIBMはそんなこと認めはしないが、70年代にナカマツから様々なアイデアを買い取っていたことは事実だ 

彼がおかしな姿をしているからと必要もない嘘をつかないだろう ナカマツは広く尊敬を集めている マンハッタンの博物館から賞をもらったり、国際テスラ協会から影響を与えた科学者トップ5に選ばれてもいる ほかの4人はニコラ・テスラ、アルキメデス、マイケル・ファラディ、マリー・キュリーだ!

職業選択を誤っていたら、ナカマツは発明家にはなっていなかっただろう 彼はもともと飛行機のデザイナーを目指していて、航空機用の自動重力安定器を作りたかったのだと言っている なんとそれが5歳の時! だが14歳で、台所のお母さんを楽にするためサイフォン・ポンプを発明する これがのちに灯油ポンプとして売られるようになった そう、ものすごく賢い子どもだったんだ 大きくなった彼は東大で工学を学んだ 

とはいえ、3500ものアイデアを特許にできるってどういうこと?と思うだろう アイデアが溢れる秘訣を、彼は持っていた プールの底に座り、アイデアが浮かぶのを待つんだ それでそんなに数多く浮かぶかどうかはわからないけど! 水中で思い浮かんだことをメモするために、彼は耐水ノートを発明した

セレブレックスという発明もある 美容院のパーマ期のような格好だが、これは頭に布をかけて冷やし、脚をあたためる機械 これで脳が機能するようになるという

彼の自宅には特別室がいくつもあって、それぞれにブレインストーミングするための用途が違っていた 「静かな部屋」は黄金色の壁に囲まれた狭いバスルーム ラジオやテレビに気を逸らすことなく、想像に集中することができる(金色の壁が電波を遮断するそうだ) 「動きの部屋」もある ベートーベンの交響曲5番が流れる部屋だ これは実のところ部屋ではなくエレベーターだった
脳を動かすには食事も関係する ナカマツは1日1食しか食べない 彼はその日の食事を写真に収め、それを30年にわたって続けていた どの食事がより脳を活性化したかを分析するためである これによりナカマツはイグ・ノーベル賞を受賞した 食事と知性の関係性を研究したことが評価されたのである だが、この習慣が彼の寿命を延ばしたのかもしれない 2013年、彼はがんを患う 医者は余命1年と言った だが彼はまだ毎年のように発明を世に送り出している そう、がんを打ち負かすための発明に熱中しているのだ 「ガンガンロボット」という新たな椅子を作りだしたり、がんと闘うための特別なお茶をつくったりしている 免疫力を高める歌も作曲した

90歳となった博士は今も、肉体的にも精神的にも元気だ これだけでもすごいこと しかも、彼はまだまだ引退する気などない 彼はまだ自分は若い、人生の半分しか生きていないと言っている 143歳くらいになったら、ちょっとは休んでもいいかな、と 彼なら、不老不死の機械をすでに発明していても、驚きはしないね!

彼は世界中の人をハッピーにするものを生み出したいと言っている それが自分の幸せでもある、と うん、彼の最大の発明はこの生き方じゃないかな みんなこのエキセントリックで前向きなドクター・ナカマツのおかげで楽しくやれてると思うよ!
ところで、ナカマツのいちばんの発明品はなんだろう? ぼくはやっぱり、ぴょんぴょんシューズかな…みんなコメントしてくれ!